投稿

本業とは別に、副業で「Cocoda Team」という Cocoda の toB 向けプロダクトにデザイン顧問として関わっています。さまざまな企業と会話する機会が増えているのですが、デザイン組織が構築されているケースが非常に多いことが学びの一つとしてありました。ここで指しているデザイン組織とは、マクロ/ミクロを問わず自社サービスのユーザー体験の向上をミッションとする組織と定義しています。

なぜ、デザイン組織を設けている企業が増えてきているのか?

デザイン組織そのものに対して、これまで UX デザイナーとして長年経験され、エンタープライズに勤めている方においては目新しさはないかもしれませんが、デザイン組織が設立される背景や過程がこれまでと異なっているように思います。企業規模も問わず、実際にスタートアップもデザイン組織を構築しているケースが出てきています。

ではなぜ、デザイン組織を設けている企業が増えてきているのでしょうか?

理由は3つあると考えています。まずひとつは、昨今よく耳にする DX(デジタルトランスフォメーション)を加速させるために、アジャイル開発に代表されるような、より早いスピードでプロダクト開発を可能とするための専門組織を構築するためです。専門家を外から雇ったり、社員をコンバートさせて組織を構築するパターンがあります。

2つ目は、特にデザイン業務をアウトソーシングしている企業に見られる傾向なのですが、自社にデザインのナレッジを蓄積していくために内製化したいというニーズから、デザイン組織を築き上げるパターンです。Pivotal Labs で働いていたときに、このようなニーズが多くありました。プロジェクト単位の契約では、ナレッジが引き継がれずに分断されてしまうことが多く発生するため、運用面も含めた課題解決としてデザイン組織の内製化があります。

3つ目は、ビジネスとエンジニアリングと同様に、企業の競争力を高めるために、CDO/CXO を積極的に採用し、デザインインパクトを創出しようとしている企業が増えてきたことです。2018年に経済産業省と特許庁が提言した「デザイン経営」を組織に導入するために高度デザイン人材を採用することを推奨していることがその背景にあると思います。

デザイン組織成功のカギは「学習」と「連携」にある

この時代の潮流からデザイン組織の「現実」を探るために、オンラインイベント「デザイン組織の理想と現実」を開催しました。登壇者は、独断と偏見で今最もアツイ企業でUXデザイナーとして活躍されているお三方にお願いしました。

マネーフォワード社は、ここ数ヶ月で CDO を新たに迎え入れ、各カンパニーにデザイン責任者を設置するなど、デザイン組織の強化に力を入れ始めている、注目企業のひとつです。ヤプリ社は昨年末の上場で話題になりました。今では企業の DX をアプリ構築で支援するサービスに注力しており、そのサービスの急成長を支えるデザイン組織に関心がありました。atamaplus社は個人的に大ファンで、LeanUX やデュアルトラック・アジャイルなどあらゆる手法を積極的に取り入れながら、デザイン組織を進化させて行っています。

イベントの詳細は「#デザイン組織」から辿ることができますが、個人的にお話を伺っていて印象に残ったことは、3社とも組織としての「学習」と「連携」に力を入れていることでした。

マネーフォワード社の場合、事業やユーザーに対する高い解像度を持ってデザインを行うため、ドメイン(カンパニー)ごとにデザイン組織が編成されています。加えて、デザイン責任者が兼務するデザイン組織の更なる強化のために専門組織(デザイン戦略室)も設置し、連携しながらナレッジシェアをしているそうです。ディスカッションで参加者よりデザイン組織におけるメンバーの採用や育成に関する質問があったのですが、マネーフォワード社では新たに採用するデザイナーに求める条件の一つに、学習意欲が高いことが加えられているそう。

ヤプリ社のプレゼンテーションを伺っていて印象的だったのは、デザイン組織はあれど、企業担当者を始めとする他部署ほど顧客理解が進んでいないために、本質的課題になかなか辿り着けない課題があること。そのため、他部署だけではなく、顧客理解を深めるために他のデザイン組織との連携を強化しているそうです。この課題にはとても共感します。ユーザーインタビューをする際に気をつけたいポイントのひとつですね。

atamaplus社では UX Unit Success というデザイン組織が存在します。各プロジェクトのデザインへの支援はもちろん、採用活動や組織設計の支援を中心に行っている組織なのですが、興味深かったのはチーム規模が拡大していく環境でも互いの学びを促進するための取り組みが盛んに行われていることです(例:UIランチ、UXギャザリング)。これは真似したいですね。

お三方にお声がけするときは気づかなかったのですが、全員デザイン組織のマネジメントに携わっていることがわかりました。参加者より事前に「デザイン組織の採用やメンバーの目標管理はどうでしていますか?」という質問をいただいていたこともあり、当日はデザイン組織の採用やメンバーの目標管理についても触れました。デザイン組織とはいえ、メンバーそれぞれが主体となって各プロダクトないしはプロジェクトに参画している故に、ドメイン知識のみならず同様のデザイン品質を組織横断で担保するために、プロフェッショナルとしてのスキルアップの必要性が問われています。atamaplus社のような定期的な勉強会の開催は、チーム運営のために必要不可欠な活動なのかもしれません。

デザイン組織に「正解」はあるのか

イベント後半に自分がモデレーターとなって行われたディスカッションでは、デザイン組織の理想論について議論。そこで辿り着いた結論は、デザイン組織に正解はないということです。正解を求めることは間違っている、と言った方が適切かもしれません。

自分のこれまで勤めていた企業を振り返ってみても、その実態は実にさまざまです。

  • サービスごとのチームの一員としてデザイナーが所属しているケース
  • 横串組織に所属しながら定期的に関わるプロダクトが変わってくるケース
  • 専門組織のデザイナーとしてプロジェクトごとにアサインされるケース
  • デザイナーが不在で業務委託で臨時デザイン組織が編成されるケース

イベント冒頭のイントロにて、デザイン組織を取り巻くディスコースについて海外の事例を紹介させていただきました。そこで見えてきたのは、UX デザイン職種の多様化と細分化です。

UX ライターや UX リサーチャーなど数年前までは馴染みのなかった職域(職種)が、サービスのユーザー体験の品質向上を目的とした活動として拡張しつつあることがわかります。これはあくまでも「理想のデザイン組織」の一例として今尚議論されています。これだけ多様化してくると、チームとして成立するのかどうか、はたまたメンバー間の連携が取りにくくなるのではないか、といった懸念があります。それ以前に採用できるのか、といった問題はありますが…。

しかし、自分はそれでいいと思っています。理想とするデザイン組織像は描き過ぎない方がいい。

我々は何か目新しいものや不安要素に直面すると、正解とは何か、完璧とは何かを直ぐに求めたがる傾向にあります。ところが、理想像を決めてしまうとそれに到達することがエンドゴールになってしまい、それ以上になることはありません。チームはプロダクトと同じで、生き物です。起こりうる状況の中で、常に変化しなければ不確実な状況下でも対応が困難になります。そうあり続けるためには、一人一人が責任感を持ってプロフェッショナルとして生存していくために、学習意欲を持つことが前提として挙げられます。これは、上記でも触れた通りイベント全体で共通した話題です。

個人的にも組織における UX デザインをリードしている立場にいるため、「あるべき」ではなく「なりたい」チーム像をイメージするときがあります。それは、サッカー日本代表の元監督である岡ちゃんこと岡田武史さんの言葉に表れています。

選手には、共感や信頼なんてなかなか生まれないから、お互いに存在を認め合うだけでいい。今まで全員仲良しなチームなんてなかったけど、”こいつは未だにどうもソリが合わないけど、パスしたら絶対決めてくれる”って思える関係性なら強いチームになる。

デザイン組織は常に変化していく生き物です。理想と現実は折り合い、高め合うものです。そのため、このような議論が継続的に行えるような場の設計を今後もしていきたいと思います。お楽しみに!

追記

当日の資料をそれぞれのスピーカーの方々に公開していただきました!

この記事では「ローマ式投票法(Roman Vote)」という意思決定を支援するためのアクティビティの一つをご紹介します。ローマ式投票法の導入によって、チームは様々なメリットを得ることができます。チームのコンセンサスが得やすく、サポートしあえる関係を構築できたり、チームの心理的安全性を担保できる、など。みなさんは、普段からどのように周囲のコンセンサスを得ていますか?

意思決定の場でよく起こること

複数人で何か意思決定をするときに、困った経験は誰にでもあると思います。それが例え仕事だとしても、プライベートだとしても。さぁ、意思決定をしようとするときに静かになる。そこで口にする「みなさん、これでいいですか?」それに対して、コクリと頷く人もいれば、異論がなければそれは賛成という都合のいいように解釈して、その場を締めちゃうなんてことはありますが、それは周囲のコンセンサスが得ているとはとても言えませんよね。以前ブログでもご紹介した「2×2」を実践する上でも同様のケースに陥るかもしれません。

2軸で考えるプロダクトデザインの シンプルな意思決定方法

9月上旬に、 UX MILK 主催の「 UX MILK Fest 2019」という大きなイベントに登壇させていただく機会がありました。「2軸で考えるプロダクトデザインのシンプルな意思決定方法」と題した当日のセッションでは 「2x2」という手法をご紹介しました。セッションでお伝えしたかったのは、この手法を取り入れることで、様々な角度から軸となる考え方を UX …

どうすればもっと効率よく合意することができるのか?よくある模範回答は以下の2つではないでしょうか。

  1. 多数決によって決める
  2. 相談や話し合いの場を設けて偉い人が決める

これでもし、周囲のコンセンサスを得ることができたのなら、それは嬉しいですよね。二人とかだったら争いはないのでしょうけど、それがプロジェクトチームのように複数人が関与していた場合、多くの意思決定の場が懸念点の洗い出しやアイディアの出し合いで終わってしまい、次に持ち越されることもしばしばあるのではないでしょうか?自分はよくありました。「また別途お時間を調整して相談させてください」は一時、自分の中での流行語大賞になっていました。

「賛成」や「反対」の文脈で許容してしまうと、結果に対するサポートであったり、より良い提案が生まれにくくなってしまいます。決定事項に対して納得して熱量が半端ない人もいれば、しらけている少数派の人だっているでしょう。このような意思決定方法論が続くと、中長期的に見るとプロダクトや組織に関する課題は徐々に表面化してくる恐れがあります。

そのため、最適なアプローチはどれほどのコンセンサスが周囲から得られているのかを見える化することにあり、最終的な意思決定の前に不明点や反対意見をも受け入れることです。ここでご紹介する手法は「ローマ式投票法(Roman Vote)」です。

ローマ式投票法とは?

古代ローマでは、剣闘士であるグラディアトルが戦った闘技会のコロッセウムにて、その場を埋め尽くしていた民衆の意見を「Thumbs-up」または「Thumbs-down」で判断し、意思決定をしていたと言われています。20年ほど前に公開された映画「Gladiator(グラディエーター)」で、当時のローマ皇帝が敗北した剣闘士の始末を決定する際に、これを用いているシーンがあります。

  • Thumbs-up(親指を立てる):賛成します、または受け入れます
  • Thumbs-side-ways(親指を横にする):マジョリティの意見に乗ります
  • Thumbs-down(親指を下向きにする):受け入れません、意見があります

もし全員が Thumbs-down だった場合、その案は却下ですよね。もし、複数の意見が対立した場合、Thumbs-down の意見をまずは聞いて同意した内容について振り返りを行います。そうすることで、Thumbs-up がマジョリティでも Thumbs-down が複数見られる場合は、その意見を参考にする機会が与えられます。但し、大半が Thumbs-side-ways だった場合は注意が必要です。あまり参考にならないことが多いです。どちらでもないが多いと、論点の再整理や条件の見直しを推奨します。

ローマ式投票法の流れ

ローマ式投票法は実はプライベートな場でも用いることができます。ここでは、高校時代の同級生5人と一白二日の旅行を計画するときのシチュエーションを想定したときの、ローマ式投票式の流れをご紹介したいと思います。

  1. ファシリテーターを決める
  2. 決めたい内容の共通認識を合わせる
  3. 前提条件を整理する
  4. 会話のための時間を設ける
  5. 意思決定に必要な情報を整理する(候補など)
  6. ローマ式投票法で決める

ファシリテーターは旅行をしよう!と提案した人です。わかりやすくFさんとしましょう。Fさんは、来週末の旅行先を決めるために、4人をカフェに誘いました。Fさんは先ず、集まってもらったメンバーに趣旨を伝え、移動手段や一人当たりの予算を提案します。それを聞いてメンバーは旅行先の候補を挙げていきます。行動範囲、混雑状況、当日の天気などから絞られていきましたが、会話が行ったり来たりで収集がつきません。幾つか優勢な案が出たところでFさんは会話を切り、ローマン式投票法を実施することにしました。

Fさん「では、旅行先を軽井沢にするかどうかで、みんなの意向を聞きたいと思います。では、せーのって言ったら親指を立てるか、横にするか、下げるかで教えてください。いいですね?では、せーの!」

(親指を立てた人:二人、親指を横にした人:二人、親指を下向きにした人:一人)

Fさん「割れましたね〜。まずは親指を下向きにした人の意見を聞いてみましょう。それを踏まえて、横にした人の考えも聞いてみたいと思います。では…」

ビジネスの現場はこんなに軽くないですが、一通りの流れとローマン式投票法の意味についてご参考になると嬉しいです。

ローマ式投票法をプロダクト開発に取り入れる

これはプロダクト開発を進める上で、日々の小さな意思決定をする場でも役立ちます。デザインコンセプトを決める場であったり、バックログの優先順位をチームで合意するときであったり。決定が明確なシチュエーションにおいては毎回実施しなくてもいいと思いますが、ポイントは周囲の、みんなからのコンセンサスが十分に得られているかどうかです。

コンセンサスが得られているということは、周囲からのサポートが得られるということです。例え、それが反対していた案であったとしても自分の意見をも受け入れた上での結果であれば主体性が生まれます。最近よく心理的安全性という言葉を聞きますが、それに近いと思います。

いずれ、ローマ式投票法が要らなくなる状態に持っていくことが、チームとして目指すべき姿なのかもしれませんね。

導入にあたってのアドバイス

もし、ローマ式投票法に興味があるのであれば、最後に二つのアドバイスがあります。

  1. なるべく早い段階で取り入れることを推奨します。なぜなら、既に特定の人物によって意思決定の場が支配されている場合は、あまり効力がありません。時間が過ぎれば過ぎるほど、チームのコンセンサスが得にくくなります。振り返りになりますが、そうなると、チームはどうなるでしょう?
  2. どの場でも取り入れようとしないこと。時間などの期限を設けて、それまでに明確な意思決定ができなかった場合にローマ式投票法を用いると、客観的に見ることができるのでオススメです。ローマン式投票法だけでしか決めれないチームは、逆に疑った方がいいかもしれません。

個人的に学んだのは、ローマ式投票法は全てを解決してくれる訳ではないということです。最も重要なのは、自分自身が下した意見から一歩引いて、見る姿勢を持つことです。頑固はよくないです。チームで前に進むためには、頑固者はいない方がいいです。

この空気に任せる曖昧な意思決定に終幕を!