どこの駅にもある、階段の矢印サイン。人と人の衝突を避けるためだと思いますが、私はこの矢印の「意味」を見失うときがあります

写真は階段で下の階に下るときに見つけたサインなのですが、視点を変えれば方向が反転してしまう可能性があることに気づきました。先ずは左の矢印、これは「前進」を示唆するサインです。つまり、この場合の正しい進行方向は左です。右はどうでしょう。逆方向から人が「前進」してくるサインす。つまり、この矢印のサインは階段を利用するときに、「前進」を意味することになります。

そんなのは当たり前ですよね。子供でもわかります。既に、階段にはそのようなアフォーダンスが存在しています。ただ、当たり前を疑うことに意味があり、想像力を鍛えることができます。

日常的に目にするこのサインは、もう一つの見方をすることができます。それは、「上りと下り」です。無意識にある認知行動を一度捨てて見てください。私の目からは、左の矢印は下から上に「上る」を示唆するサインにも見えます。逆に、右の矢印は、「下り」に見えてしまいます。一般的に進行方向を示すサインは、見方を変えれば上下を示すサインとしても知覚することができます。それを前提とした場合、私は右を選んでしまうかもしれません。

ここに書いたような分析をする人はいないかもしれませんが、私はマイクロ秒単位で一瞬構える時がある。そのため、この写真のように色で識別できるようにしてくれるのはありがたい。逆に下から上の階に上るときはどちらの見方でも、正しい進行方向で階段を利用することができるから不思議です。とりあえず、左を歩いていればいいんですよね。


Design+ は世の中の不便利なデザインの探究(Inconvenient Design)、並びに人が取ってしまう考えなしの行動(Thoughtless Acts)に目を向けることで得られた気付きをもとに、デザインへの新たな向き合い方を模索する私の個人プロジェクトです。Twitter はこちら:https://twitter.com/DesignPlusAny

男性が居心地が良さそうに座っている「もの」をご存知でしょうか?5回くらい検索し直すまでわからなかったのですが「車止め」と言うらしいです。また、車止めにも様々なタイプがあるみたいで、

  • ブロック
  • ポール
  • アーチ

などがあります。しかも、素材も様々。石材製、鋳物製、ステンレス製が主流なようで、マツコの知らない世界に出てきてもおかしくはないくらいです。

写真を見ただけですぐに分かった人もいると思いますが、撮影した場所は秋葉原で、駅前のこの歩道には石材製のポールが並んでいます。これがまた絶妙な高さなんです。170cm 前後の人の腰の位置くらいの高さにあり、文字通り腰を下ろして体重を預けることができます。しかも、形状が丸いためお尻に何かが刺さるという心配もいりません。こういった車止めが等間隔で並んでいます。前後にある車止めの素材と高さを学習するだけで、自然と座ることができてしまう。これは、人間が無意識に取っている行動の一つと考えられます。

秋葉原のような都会では、街中で座れるところは少ないです。お金を出せばその辺のカフェやレストランで溜まりに溜まった疲れを取ることができますが、私のようなケチな人間はそれを探すことすら面倒に感じてしまいます。喉が乾いていないにも関わらず、ただ座りたいがために300〜400円するコーヒーを注文するのは納得がいきません。

何が言いたいのかというと、人間は基本、楽に生きていたい動物で、電車もできれば座りたいし、階段よりもエレベーターを使いたい。この写真に写っている男性の行動も例外ではありません。とある研究によると、人間のニーズの95%は、無意識下にあるとも言われています。ここに、デザインのヒントがあるかもしれません。椅子に100%の意識で座るときは、椅子取りゲームのときくらいでしょう。


Design+ は世の中の不便利なデザインの探究(Inconvenient Design)、並びに人が取ってしまう考えなしの行動(Thoughtless Acts)に目を向けることで得られた気付きをもとに、デザインへの新たな向き合い方を模索する私の個人プロジェクトです。Twitter はこちら:https://twitter.com/DesignPlusAny

デジタルカメラと iNSPiC REC

デジタルカメラで撮影した写真を Bluetooth でスマートフォンに転送できることはもはや当たり前な時代。デジタルカメラはスマートフォンや従来のカメラと比べて画質は高い(とはいえ、スマートフォンに遅かれ早かれ抜かれそう)。しかしながら、ネットに繋がっていないが故に撮影機材の主流はスマートフォンに奪われてしまいました。結果、デジタルカメラ市場の縮小は止まりません。その問題を解決するための手段として実現したのが Bluetooth 連携なのではないでしょうか。撮影した写真をその場で確認し、Instagram をはじめとする各種 SNS に投稿する需要に応えるためにあり、一つの価値でもあります。

ところが、最近購入したキヤノンの新しいコンセプトカメラ「iNSPiC REC」は少し違うようです。

さらに読む