この記事では「ローマ式投票法(Roman Vote)」という意思決定を支援するためのアクティビティの一つをご紹介します。ローマ式投票法の導入によって、チームは様々なメリットを得ることができます。チームのコンセンサスが得やすく、サポートしあえる関係を構築できたり、チームの心理的安全性を担保できる、など。みなさんは、普段からどのように周囲のコンセンサスを得ていますか?

意思決定の場でよく起こること

複数人で何か意思決定をするときに、困った経験は誰にでもあると思います。それが例え仕事だとしても、プライベートだとしても。さぁ、意思決定をしようとするときに静かになる。そこで口にする「みなさん、これでいいですか?」それに対して、コクリと頷く人もいれば、異論がなければそれは賛成という都合のいいように解釈して、その場を締めちゃうなんてことはありますが、それは周囲のコンセンサスが得ているとはとても言えませんよね。

どうすればもっと効率よく合意することができるのか?よくある模範回答は以下の2つではないでしょうか。

  1. 多数決によって決める
  2. 相談や話し合いの場を設けて偉い人が決める

これでもし、周囲のコンセンサスを得ることができたのなら、それは嬉しいですよね。二人とかだったら争いはないのでしょうけど、それがプロジェクトチームのように複数人が関与していた場合、多くの意思決定の場が懸念点の洗い出しやアイディアの出し合いで終わってしまい、次に持ち越されることもしばしばあるのではないでしょうか?私はよくありました。「また別途お時間を調整して相談させてください」は一時、私の中での流行語大賞になっていました。

「賛成」や「反対」の文脈で許容してしまうと、結果に対するサポートであったり、より良い提案が生まれにくくなってしまいます。決定事項に対して納得して熱量が半端ない人もいれば、しらけている少数派の人だっているでしょう。このような意思決定方法論が続くと、中長期的に見るとプロダクトや組織に関する課題は徐々に表面化してくる恐れがあります。

そのため、最適なアプローチはどれほどのコンセンサスが周囲から得られているのかを見える化することにあり、最終的な意思決定の前に不明点や反対意見をも受け入れることです。ここでご紹介する手法は「ローマ式投票法(Roman Vote)」です。

ローマ式投票法とは?

古代ローマでは、剣闘士であるグラディアトルが戦った闘技会のコロッセウムにて、その場を埋め尽くしていた民衆の意見を「Thumbs-up」または「Thumbs-down」で判断し、意思決定をしていたと言われています。20年ほど前に公開された映画「Gladiator(グラディエーター)」で、当時のローマ皇帝が敗北した剣闘士の始末を決定する際に、これを用いているシーンがあります。

  • Thumbs-up(親指を立てる):賛成します、または受け入れます
  • Thumbs-side-ways(親指を横にする):マジョリティの意見に乗ります
  • Thumbs-down(親指を下向きにする):受け入れません、意見があります

もし全員が Thumbs-down だった場合、その案は却下ですよね。もし、複数の意見が対立した場合、Thumbs-down の意見をまずは聞いて同意した内容について振り返りを行います。そうすることで、Thumbs-up がマジョリティでも Thumbs-down が複数見られる場合は、その意見を参考にする機会が与えられます。但し、大半が Thumbs-side-ways だった場合は注意が必要です。あまり参考にならないことが多いです。どちらでもないが多いと、論点の再整理や条件の見直しを推奨します。

ローマ式投票法の流れ

ローマ式投票法は実はプライベートな場でも用いることができます。ここでは、高校時代の同級生5人と一白二日の旅行を計画するときのシチュエーションを想定したときの、ローマ式投票式の流れをご紹介したいと思います。

  1. ファシリテーターを決める
  2. 決めたい内容の共通認識を合わせる
  3. 前提条件を整理する
  4. 会話のための時間を設ける
  5. 意思決定に必要な情報を整理する(候補など)
  6. ローマ式投票法で決める

ファシリテーターは旅行をしよう!と提案した人です。わかりやすくFさんとしましょう。Fさんは、来週末の旅行先を決めるために、4人をカフェに誘いました。Fさんは先ず、集まってもらったメンバーに趣旨を伝え、移動手段や一人当たりの予算を提案します。それを聞いてメンバーは旅行先の候補を挙げていきます。行動範囲、混雑状況、当日の天気などから絞られていきましたが、会話が行ったり来たりで収集がつきません。幾つか優勢な案が出たところでFさんは会話を切り、ローマン式投票法を実施することにしました。

Fさん「では、旅行先を軽井沢にするかどうかで、みんなの意向を聞きたいと思います。では、せーのって言ったら親指を立てるか、横にするか、下げるかで教えてください。いいですね?では、せーの!」

(親指を立てた人:二人、親指を横にした人:二人、親指を下向きにした人:一人)

Fさん「割れましたね〜。まずは親指を下向きにした人の意見を聞いてみましょう。それを踏まえて、横にした人の考えも聞いてみたいと思います。では…」

ビジネスの現場はこんなに軽くないですが、一通りの流れとローマン式投票法の意味についてご参考になると嬉しいです。

ローマ式投票法をプロダクト開発に取り入れる

これはプロダクト開発を進める上で、日々の小さな意思決定をする場でも役立ちます。デザインコンセプトを決める場であったり、バックログの優先順位をチームで合意するときであったり。決定が明確なシチュエーションにおいては毎回実施しなくてもいいと思いますが、ポイントは周囲の、みんなからのコンセンサスが十分に得られているかどうかです。

コンセンサスが得られているということは、周囲からのサポートが得られるということです。例え、それが反対していた案であったとしても自分の意見をも受け入れた上での結果であれば主体性が生まれます。最近よく心理的安全性という言葉を聞きますが、それに近いと思います。

いずれ、ローマ式投票法が要らなくなる状態に持っていくことが、チームとして目指すべき姿なのかもしれませんね。

導入にあたってのアドバイス

もし、ローマ式投票法に興味があるのであれば、最後に二つのアドバイスがあります。

  1. なるべく早い段階で取り入れることを推奨します。なぜなら、既に特定の人物によって意思決定の場が支配されている場合は、あまり効力がありません。時間が過ぎれば過ぎるほど、チームのコンセンサスが得にくくなります。振り返りになりますが、そうなると、チームはどうなるでしょう?
  2. どの場でも取り入れようとしないこと。時間などの期限を設けて、それまでに明確な意思決定ができなかった場合にローマ式投票法を用いると、客観的に見ることができるのでオススメです。ローマン式投票法だけでしか決めれないチームは、逆に疑った方がいいかもしれません。

個人的に学んだのは、ローマ式投票法は全てを解決してくれる訳ではないということです。最も重要なのは、自分自身が下した意見から一歩引いて、見る姿勢を持つことです。頑固はよくないです。チームで前に進むためには、頑固者はいない方がいいです。

この空気に任せる曖昧な意思決定に終幕を!

プロセスやツールよりも個人と対話を

アジャイルソフトウェア開発宣言の一文です。アジャイル開発を継続するための重要なファクターの一つに、コラボレーションがあります。同じ場所(環境)に身を置くことで、より高い生産性とより早い意思決定が可能になることは既に多くの研究や事例によって明らかになっています。私がいる会社でもそのようなモデルでクライアント・ワークをしていますが、私もそう思います。

ただし、それはオフラインに限った話であって、今回のようにコロナウイルス(COVID-19)の拡大に伴う在宅勤務の推奨によってオンライン環境を余儀なくされた場合はどうすればいいのでしょう?私自身も初めてだったため、戸惑いはありました。それは自分だけではないと思います。生産性も落ちました。ただ、それはある意味オンラインにおけるコラボレーションは本当に有効であることの裏返しでもあります。むしろ、視点を変えればリモートワークはアジャイルなチームと相性が良いのではないか、とも思うようになってきました。これは錯覚なのでしょうか?確かに外の空気をたまに吸いに出ないと頭がおかしくなりそうなときはありますが、そうではないと願いたい。

私の場合、リモートワークはプロジェクトの開始とほぼ同時に始めたため、幸いにもいろいろ試行錯誤をする余地がありました。結果、比較的効果が見込める取り組みがいくつか見えてきたので、参考になればと思い、いくつかご紹介したい。

何ごとも優先度をつける、徹底的につける

これは何もバックログに限った話ではなく、ユーザーリサーチのためのリクルーティングや日々のTodoまで、チームとして、または個人として今優先すべきことは何か?と問い続けることで、価値を見失わないでいられる効果があります。

リモートだとどうしても一定の距離ができてしまうため、ある種の「許し」が無意識に生まれてしまう。ペースを維持しようにも、心情が相手に伝わらないときがあります。そのときは、私が率先して「嫌な役」を演じ、優先度が徹底されているか、チームに問うようにしています。悪いことはしていない(と思う)。より悪くならないようにしているだけ。

小さなチームで柔軟に動く

現状、クライアントとのコミュニケーションは常に Zoom で接続しながら進めています。そんな働き方です。元々オフラインではコミュニケーションコストがかかるため、大勢の人を招いたミーティングを開催しないように調整はしていますが、オンラインになるとそれが途端に楽になります。MAX 8人までで、良く接続するメンバーは4人と抑えているため、必要であればプロジェクトのロードマップも変更しますし(これは最近あった)、アイディエーションもその場でやってしまうこともあります。

オンラインに移行したことで、多くの人は気付き始めたのではないでしょうか。メールって何でこんなに面倒なんだ。このミーティングって必要なのか?多くはなくても成立します。

先を見据えて計画立てて動く

これはプロダクトマネージャーとして気をつけていることなのですが、オンラインで繋ぎながら作業をしていると、オフラインよりも集中力を使うため、つい手元の作業に没頭してしまいがちです。

何のためにやっているのか?最終的なアウトプットは何か?ミーティングだろうが、作業だろうが、ゴールとアウトプットの認識が揃っていなければ、共通のビジョンに向かって歩むことはできません。それを常に頭に入れ、逆算して組み立てるようにしています。それができていないと、たださえ公私混同しがちなリモートワークでだらけてしまい、つい残業、なんて目に見えています。

チームメンバーに奇想天外な役割を与えてみる

役職や職種としての役割ではありません。どちらかと言えば、チームビルディングの一環として取り入れる文化的要素に近しいです。

私がいるチームでは、以下の役割をそれぞれに割り振り始めています。名前のセンスはさておき:

  • 仕分け人:チームが不必要な話題に時間を費やしている場合にカットインする人。「それ、あとにしましょう」な人。
  • タイムキーパー:そのままの意味で、チームで行う様々なアクティビティの時間を管理する人。時間を過ぎたら容赦なく切る人で「はい、タイムアーップ!」が口癖。
  • Zen マスター:チームメンバーの疲労具合を見て休憩するタイミングと時間を決める人。この人の発言には注目だ。「とりあえず、休憩しますか?(^ ^)」救われる。
  • エンターテイナー: 一番ハードルが高いのだが、チームの雰囲気を明るくするための取り組み(ゲームやソフト)を紹介する人。最近、私は Snap Camera をチームに導入して大ヒット中。

順調そうに思えるが、苦労するポイントはたくさんあります。最も難しいと思ったのは、メンバー間の Empathy(共感)です。リモートという環境要因もあると思いますが、オフラインのときとは違い、口数が少なくなったり、思うように聞こえなかったりすることでイライラしやすくなった人もいます。

私も場合によっては当てはまるかもしれませんが、相手が今どのような状況下にいて、どんな心境でこの話を聞いているのかを理解してあげなければ、伝わるものも伝わりません。

Transparency(透明性)の維持。これも難しい。オンラインだとどうしても構えてしまいます。正面を向いているからでしょうか。初対面の人との会話だと、面接のような空気を醸し出すときもあるし、無駄に緊張してしまうこともあります。その場合、思っていることや考えていることは発信しにくい。それを回避するために、どうでもいい話題を投げかけてみんなが参加できる安全地帯を作ってあげることが大事だったりしますl。

そう、リモートワークで大事なのは、1) 人を思いやる優しい心2) 安全地帯の確保なんだと思います。ハードよりも、ソフトだと思います。

僕がいるんだ、みんないるんだ、愛はここにある、君はどこへもいけない。

どうでもいいけど、リモートワークを8時間も続けていると、Zoom に接続する度にリンクスタート!している気分で、ある意味気持ちがいい。