🟢

例:ユーザーが昼の時間帯に商品を購入する理由は昼間帯にパソコンを開くからだ

ポイント:
  • 仮説があっていたか間違っていたかを判断します
  • 間違っていた場合はその理由(学んだこと)を記述し、新たなファクトとして追加します
  • 以下のアイコンをタイトルの頭に付け加えると一覧で把握することができるのでおすすめです
    • 仮説があっていた場合は🟢 
    • 仮説が間違っていた場合は🟠

ファクト

検証方法

商品一覧ページにサポートリンクを一時的に設置することで、問い合わせ頻度を減らす

検証期間

2022/8/23 →  2022/8/24

検証結果