4年お世話になった Pivotal Labs を卒業し、9月1日付で Ubie 株式会社に入社しました。

Ubie(ユビー)は

  1. 医療機関向けの働き方革命をサポートする「AI問診ユビー」
  2. 生活者向けの適切な医療へのアクセスをサポートする「AI受診相談ユビー」

の2つの事業を展開している、病気推測技術に強みを持っている会社です。僕はその中でも toC プロダクト「AI受診相談ユビー」のプロダクトオーナーを拝命することになりました。

Ubie株式会社 | Ubie, Inc.

Ubieは、テクノロジーの力で「世界中の人々を適切な医療に案内する」をミッションにしたヘルステックスタートアップです。AIを使った業務効率化や病気推測のサービスを提供しています。

ぼくの両親はとても活発で、やりたいと思ったことをなんでもやります。父はジムのトレーナーになるんだ、と言って筋トレばっかしていると思いきや、大学院の社会人用コースに通っていたりします。母は児童館で子供たちと遊び道具を作ったり、地元のコーラスサークルに入会して全国目指すんだ、とか言っています。羨ましいのです。そして、最期までその姿を見ていたいのです。

成し遂げたいことは、Ubie のようなサービスを通して生活者に寄り添い、長い人生の最期まで可能な限り健康維持をサポートし、やりたいことが不備なくできる自由を作り上げることです。それは、Ubie で実現できることだと思います。

なぜ転職を決意したか?

きっかけは二つありました。

一つは、「社会貢献要求」が強くなってきたことです。これまでのキャリアを振り返ってみると、個人であったりユーザー、それを取り巻くステークホルダーへの貢献を最優先に考え実行してきました。しかし、COVID-19 のクライシスに直面して以降、意識は社会へと移り、顕在化した多くの産業の「不」を自らの手で解決していきたいと思うようになったことが大きいです。

もう一つはテレビCMでも流れている、某人材会社の社長に自身のキャリアについてカジュアルに相談させていただいたときでした。

  • 昔はもっと貪欲な人だったでしょ?
  • これまで大きな意思決定に関わったことはあまりなかったでしょ?

目が覚めました。その業界に長く携わっている方なので当たり前なのですが、キャリアを辿っただけで薄れていった過去や自分に欠けているものを丁寧に紐解いてくださったような気がします。過去の人事の方から確かに「丸くなったね」と言われたことがあります。本当に感謝しています。これからは、より圧倒的にサービス作りに励んでいきます。

なぜ Ubie を選んだか?

何かを優先しようとすると何かに問題が出てくる、という葛藤が常にある医療業界において、政府の支援を得つつ、医師のみならず生活者が Win-Wn になるようなパラダイムを変える新機軸を作りあげようとしていることです。

更に付け加えると、それをやりきるための組織の土台作りに本気で取り組んでいること。この記事がとても参考になると思います。

スタートアップで、カルチャーが全く違う2つの組織を作った話|Ubie|note

50名規模の医療AIスタートアップUbie において、カルチャーや採用基準が全く異なる2つのチームを立ち上げ、数ヶ月運用してきました。スタートアップでは比較的珍しい取り組みで、採用応募者等からもよくご質問いただくので、背景やチームごとの違いをまとめてみました。 …

こちらの説明資料にもあるように、優れたサービスやプロダクトを開発するために必要な要素である Business – Technology – Creative に加えて、実際の医療現場にも立っている医師(Medical)も在籍しているため、高速でプロダクト開発を回せることも一つのユニークネスだと思ったからです。

Ubie といえば AI 問診ユビーがより知られていますが、もう一つの独自性でもある(僕のミッションでもあるのですが)生活者向けの AI 受診相談ユビーとのシームレスな連携も、これから実現したい世界にとって必要不可欠です。toC は2020年にローンチしたばかりで、これからグロースしていくビジネスです。伸び代しかないこのビジネスをドライブできるオポチュニティがあったことは、運命的な出会いだったと思います。海外事業も展開を開始しているのも、とても魅力的でした。

二つの大きな挑戦

まず一つは全く無知な業界のため、コミュニケションの基礎となる専門用語はもちろん、

  • 運不運の医療(医療不信)
  • 特定の診療科目や特定の地域での勤務医の不足
  • PHR の普及
  • デフレ経済を想定していない医療制度

などなど医療業界を取り巻く現状の圧倒的な理解です。そうしないとバッターボックスにさえ立てません。もちろん。

もう一つは PO としてのパフォーマンスの発揮です。Ubie にはプロダクトマネージャーは存在しません。Pivotal Labs で培ってきたプロダクトマネージャーとしての経験やノウハウは一旦箱の中に閉まい、この会社ではどのようなプロダクト・パーソンがベストフィットするのかを見定めたいと思います。セルフのためではなく、組織、ないしはプロダクトの成功のためなので、自身とのギャップを早期に発見することが先決です。

頑張ります。これからも、変わらずによろしくお願い致します。
ありがとう、Pivotal Labs。本当に恵まれた、いい会社でした。

最後に

もしこの記事を読まれて共に働きたい、Ubie で働くことに興味がある方はいずれかの手段でご連絡いただけると嬉しいです!

  1. 自分含むお知り合いの Ubie メンバーに声がけする
  2. Ubie Day (オンライン説明会)に参加する(お申し込みフォーム
  3. 直接応募する
  4. Ubie LINE アカウントにて、最新情報をチェックする(登録URL

採用職種一覧